SSL導入サービス

SSLとは
情報を暗号化して送受信してくれる仕組みで、URLの開始部分が「http」から「https」に変わります。
お問合せフォームやショッピングサイトの決済画面等、個人情報を入力するページでは必須とされています。

SSL導入サービスの特徴

面倒な手続きは弊社が行います。

実際にSSL化されたサーバーを使用できる状態にします。

SSL化に伴うリンク切れチェック、リダイレクトなどに対応致します。

googleは、httpsをランキングシグナルにすると明言しています。

常時SSLの導入を行うことでお客様のサイトのセキュリティが向上し、信頼性は保たれます。
既存顧客を損失してしまう危険性を回避するだけでなく、SSLの導入が遅れている企業を置き去りにし、新たな顧客獲得へもつながることでしょう。

chromeが2017年から大きく変わります

Googleは2017年からChromeブラウザで非SSLページを表示する際には警告表示を行うと発表しました。
最初は、パスワードやクレジットカード情報が扱われるページを対象に「アドレスバーでの警告」に始まり、最終的にはそれ以外のページ(パスワードやクレジットカード情報が扱われなくても)も対象とし、さらに警告方法を強めていくそうです。
これはユーザーの利便性、安全性を追い求めるgoogleが、よりユーザーに安全なサイトを提供するためです。

Google公式の案内はこちら(英文)

今後、非SSLのままでは多くのWebサイトが「危険性のあるサイト」として認識されれてしまう時が来てしまいます。

何もしていないのに・・・

突然の出来事にそう思うのも無理はありません。
何もしていないことこそが安全性の面で対策を怠っていると、googleは判断しているのです。
chromeはSSLによってセキュリティ対策を行っているサイトを当然とし、なにもしていない≒セキュリティ対策を怠っている、と判断してしまうのです。

常時SSL化を早急に行わなければならない

現状でも、お問い合わせフォームや買い物かごなど、個人情報を扱うページにおいてはSSLを導入していることが多いでしょう。
しかしこれからはそれだけでは不十分となり、サイト全体をSSL化する「常時SSL」が必要な時期が迫ってきているのです。

売り上げに直結しない部分にお金かけるのもなぁ・・・

そんなことでは、今後ユーザーから信頼を得られない時代がやってくるのです。

常時SSL化にしない場合のデメリット

もしこの常時SSL化の対策をしなかった場合、どうなるのでしょうか?

chromeで警告が表示される

前述の通り、2017年1月より、先ずはパスワードやクレジットカード情報の入力を要求するページから、アドレスバー上でセキュリティ警告を表示し、そこから段階を踏んで、最終的にはSSL未対応の全ページに対してセキュリティ警告が表示されるようになります。
たった1つのこのワンクッションが、大きな悪影響を及ぼす可能性がります。

企業イメージが悪くなり、信頼を失う可能性がある

企業のページを見る際に「安全ではありません」と警告されたら、その企業を信用できるでしょうか?
特に、初めてその企業サイトに訪れた方やインターネットに疎い方は敬遠してしまう可能性が大いにあると考えられます。
会社の受け付けはイメージに直結する。Webサイトにも同じことが言えるのです。

インターネットユーザーの多くにこの警告が表示される

今やchromeのシェア率はあらゆるブラウザの中で1位となっています。これはIEやFirefoxよりも影響力が大きいことを表します。
また、この流れにより、ほかのブラウザも同じように常時SSL化を推奨してくることは想像に難くありません。

これでもまだ、常時SSL化にしませんか・・・?
本当に・・・よろしいのですか・・・?

でもSSLの証明書を発行してもらって、適用するだけでは・・・?

いえ、常時SSL化にするというのは、実際はそんな簡単な話だけではすみません。

SSLを導入するための方法と必要な作業

  • SSL証明書の発行
    SSL化にあたってはSSL証明書が必要です。
    その際、各種書類(登記簿謄本、企業実印済みの申請書&その実印の印鑑証明書)などの用意が必要になります。※ 取得するSSLの種類にもよる
  • インクルード、リンク、画像などのリンク切れ調査・修正
    URLが「http://~」から「https://~」に変更となるに伴い、リンク切れが発生する場合が多々生じるため、きちんとしたチェックと修正が必要になります。
    サイトの規模が大きくなるほど、画像やリンクのURLがルール化されてない場合が多く、綿密なチェックが必要となります。
  • httpからhttpsへの301リダイレクト
    同じくURLが変わるため、SEO評価を引き継ぐためにもすべて新しい「https://~」へリダイレクトが必要になります。
  • searchコンソール再登録
    URLの変更に伴い、serchコンソールなどサイト管理ツールの再設定が必要になります。
  • Google Analytics設定変更
    URLの変更に伴い、Google Analyticsなどアクセス解析ツールの再設定が必要になります。

ざっと見ただけでもこれだけの作業が発生してしまいます。
半日程度でなんとなく申請して適用したら終わり、というわけにはいかないのです。

SSL導入サービスの流れ

お客様のサーバー環境やWebサイトの詳細をお聞きした上でお見積りいたします。
まずはお気軽にご相談ください。

SSL導入サービスの流れ

SSL導入サービスの流れ

※ SSL証明書には簡易的なものから信頼性の高いものまで複数存在します。
ヒアリングの上でお客様に最適なSSLをご提案いたします。


SSL導入サービスに関するご相談はもちろん、常時SSL化そのものに関するご質問もお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

047-460-3156

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

047-460-3156

お問い合わせはこちら

WEB制作

更新をチェック

▲ページTOPへ