テストステロンとはげ筋トレは関係ない?育毛剤でハゲ対策になる?男性ホルモンとAGA薄毛のまとめ

テストステロンとハゲの関係をまとめ
 
男性ホルモンのテストステロンとハゲには密接な関係があります
 

運動すると男性ホルモンが分泌されて育毛にいいらしいよ

筋トレは男性ホルモンが分泌されてハゲるらしい
 
こんな会話を聞いた事がある人もいるでしょう。しかし、よく考えてみて下さい。

運動がハゲるのなら、スポーツジムに熱心に通う人はみんなハゲてしまうはずですがそんな事はありません。
 

男性ホルモンには善玉テストステロンと悪玉ジヒドロテストステロンの2種類があり、悪玉男性ホルモンがハゲを引き起こすのです。

 
この記事では、テストステロンと筋トレとハゲの関係、男性ホルモン分泌と薄毛、運動の効果のまとめを紹介します。
 

テストステロンではげる?ハゲない?育毛・AGA髪の毛との関係とは

テストステロンとハゲは関係ないその理由
 
男性ホルモンの種類は2つに分けられます。

  • 善玉男性ホルモン=テストステロン
  • 悪玉男性ホルモン=ジヒドロテストステロン(DHT)

 

テストステロン

テストステロンの役割

引用元:antiagingclub.it

 
テストステロンは髪の毛を太くする、筋肉の増大や骨格の発達、髭、体毛の形成など、決断力など男らしさに影響を与える男性ホルモン。

男性の場合、9割以上が睾丸から、残りが副腎から分泌され、女性の場合男性の5~10%ほどが副腎から分泌されるとされています。

男性ホルモン=はげるというイメージを持つ方もいるかもしれませんがそうではありません。

善玉男性ホルモンという呼び名の通り、テストステロンには髪の毛を太く強く育てるタンパク質合成効果があるのです!

 
 

ジヒドロテストステロン(DHT)


 
ジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼ酵素が毛乳頭や皮脂腺付近で分泌され、テストステロンが悪玉へと変化した姿。テストステロンの持つ生体機能を維持作用をより強力にした作用があります。

強いストレスを与えられるなどが原因で、急速にテストステロン量が減退すると、脳は生体機能を維持するためにDHTへの変換を進めてしまうのです。

お酒やタバコも、DHT量が増やす要因になります。

お酒の場合、アルコールを肝臓が分解しきれず毒性のあるアセトアルデヒドを溜め込んでしまった場合にDHT増えます。

タバコの場合、アセトアルデヒドが添加されているため、タバコの吸いすぎもDHT増加につながるのです。
 
 
ハゲる男性ホルモンはジヒドロテストステロン!

頭皮の前頭部、頭頂部に生える髪の毛、その毛根にある毛乳頭には男性ホルモンレセプターが存在。

DHTがこのレセプターと結合すると、脱毛紳士であるTGF-βが分泌されます。

髪の毛のヘアサイクル(髪の毛の一生を周期で表したもの)が成長期から退行期、休止期へと強制的に移行させられて、薄毛サイクルになってしまうのです!

 
 
 
テストステロンからジヒドロテストステロンが増えやすい人の遺伝
 
 
男性ホルモンレセプターは遺伝します。母方から受け取るX染色体上に、男性ホルモンレセプターの情報が書かれているのです。

自分がハゲやすいかどうか(5aリダクターゼの感受性・増えやすさ)の見当をつけたいのなら、AGAクリニックで血液検査をしてもうらうといいでしょう!

 
 

 
 
 

 

テストステロンは筋トレ・運動で分泌される!育毛!薄毛予防・ストレス発散の効果も!

テストステロンは筋トレで分泌されて増えるのでハゲの予防になる
 
 
筋トレ・運動はテストステロン量を増やします

テストステロンが増えると悪玉男性ホルモンDHTは減る傾向にあるのです。

テストステロンの量が増えると、生体維持機能は正常に働くため、DHTを分泌する必要がなくなります。

そのため、テストステロンを増やしても薄毛にはならないのです。

 
 
 
ストレス発散の効果

運動にはストレスを発散する役割もあります。

強力なストレスを感じると、脳はテストステロンの分泌を止め、DHTの力で生理機能を維持するようになります。

つまり、運動によってストレスを発散することができれば、テストステロンの分泌が止まることがないため、DHT量は増えないのです。

 
 
 
汗で悪玉男性ホルモンを排出

皮脂腺の近くには5αリダクターゼ酵素があるので、運動で汗をかけば排出することもできます。

ただし、トレーニング時間が長すぎると、テストステロン量は減ってしまいます。

DHT予防のためにテストステロン量を増やすのなら、短時間で効率的なトレーニングメニューをこなしましょう。

 
 
 
筋トレや運動以外にもできること

テストステロンをDHTに変換させる5αリダクターゼ酵素が分泌されるその他の条件といえば、お酒とタバコ。

アセトアルデヒドが体内に蓄積することで、5αリダクターゼは分泌されてしまうのです。

筋トレや運動でテストステロン量を増やすということは、DHTの材料を量産しているということ。

お酒も煙草も好きなスポーツ選手はハゲやすいという事になります。

スポーツをやっている人で過度な飲酒やタバコを吸っている人は、髪の毛を守るためにも禁煙を検討するといいでしょう。

 
 

育毛剤でテストステロンではなくジヒドロテストステロンを抑える


 
いくら運動でテストステロンを増やしても、DHTが分泌されやすい体質なら薄毛対策の効果が薄れてしまいます。

運動に加えて5aリダクターゼ抑制効果のある育毛剤と育毛サプリを併用する事でより育毛効果が上がるのです。
 

ブブカZEROにはオウゴンエキス、ジオウエキス、チョウジエキス、ビワエキス、ホウセンカエキスと5aリダクターゼ抑制成分がしっかりと配合されているので、ジヒドロテストステロンを育毛剤で頭皮から抑えるのに役立つでしょう!

 
 
bubkazero

脱毛ホルモン抑制成分 頭皮環境を整える成分 育毛促進成分
黄金エキス他4種 M-34他8種類以上 マジョラムエキス他

 

 
 
 

医薬品のAGA治療薬でテストステロンではなくジヒドロテストステロンを抑える

ジヒドロテストステロンをフィナステリドで抑制
 
DHT抑制の直接的効果がある医薬品といえばプロペシアが有名です。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、5αリダクターゼを抑制する効果があります。

フィナステリドが抑制してくれるDHTは2型。1型にはデュタステリド(ザガーロ)が有効です。

どちらも厚生労働省が認める医薬品ですので、医師による処方が必要になります。
 

GACKTさんが広告をしているAGAスキンクリニックなら無料カウンセリングからジェネリックを処方してもらう事が可能です!

 
 

AGAスキンクリニック LP2

 
 
 

テストステロン分泌を増やす方法とハゲ・育毛に関するQ&Aをまとめ

テストステロンの図解

引用元:wikipedia

 
 
テストステロンとハゲの関係は複雑なため、疑問は絶えません。

ここではテストステロンとハゲに関する疑問にQ&A形式で回答していきます。

男性ホルモンと薄毛について気になる方は参考にして下さい。
 
 

テストステロンは筋トレで増える?育毛への効果は?

 
 

テストステロンを増やすにはどうすればいいですか?
筋トレやヨガなど、身体を動かすことでテストステロン量は増加します

ただし、長時間の運動はテストステロンを減らす働きがあるので、運動は適度にこなすようにしましょう。

食事でテストステロンを増やすには、タンパク質をたくさん摂取することです。

筋肉増強効果を持つテストステロンですから、筋肉の材料をたくさん取れば、その分泌量も増えていきます。

運動後にタンパク質をとらないと、筋肉増加シグナルが発生せず、テストステロン量はあまり増えないので注意しましょう。

 
 
 

筋トレでテストステロンを増加させることは、薄毛の予防になりますか?
薄毛の予防になります

DHTは、テストステロンが発揮する生理機能維持効果を超えるだけの効能を持っているため、メンタル・フィジカル共に健康的な生活を送っていれば、そうそう分泌されるものではありません。

しかし、過剰なストレスや過度な飲酒、喫煙でテストステロンが消費されてDHTに変換されてしまうのです。

筋トレでテストステロン量を増やしておくのは薄毛予防に効果的と言えるでしょう。

 

プロテイン、サプリメント、食事による栄養管理と生活習慣を整えてこそ最大に育毛効果が発揮されるのです

 
 
 

筋トレを止めたらハゲますか?
急に筋トレを止めるとDHTが増えてハゲるリスクはあります

テストステロンが増加するとDHTが減少するので、筋トレの習慣を止めてテストステロンが減少すれば、その分DHT増加リスクは増えることになります。

とはいえ、普通に生活している分には問題ないくらいのテストステロンは分泌され続けるので、筋トレを止めたからといってすぐに薄毛が進行するわけではないのです。

過度なストレスなどで一気に減少しない限り、DHTは増えません。

仕事で過度なストレスを受けたら、テストステロン分泌のために筋トレやジョギングで調整するといいでしょう

 
 

ダイエットとして運動したいんだけど、テストステロンを増やすと薄毛になるのですか?
遺伝や生活習慣次第です

5αリダクターゼを分泌しやすい遺伝形質を持っている方の場合、テストステロンを増やすことでDHT量も増えてしまうため、薄毛になってしまいます。

また、タバコやお酒の飲み過ぎも5αリダクターゼを発生させる要因になるため、テストステロンを増やせば増やすほど薄毛が進行してしまうでしょう。

育毛にいい食べ物を心がけて、5αリダクターゼを増加させるような生活習慣は送らないようにしましょう。

 
 
 

テストステロンは女性の育毛や薄毛FAGAとも関係がある?

テストステロンは女性の薄毛にも関係あるのですか?
女性の薄毛にもテストステロンは関係あります

テストステロンは男性ホルモンですが、女性の身体でも分泌されます。

女性の場合、睾丸がありませんから副腎からのみ分泌されるのですが、その影響で男性の10%程度しか分泌されないのが特徴です。

女性の場合、分泌量の変化を敏感に感じ取って5αリダクターゼがちょくちょく分泌されると考えていいでしょう。

女性がジヒドロテストステロンによって薄毛になってしまう症状を女性男性型脱毛症(FAGA)と呼んでいます

 
 

テストステロンは多いとハゲる?少ないと育毛に良くてハゲない?

テストステロンは、多いとハゲないのですか?少ないとハゲないのですか?
遺伝で5aリダクターゼ酵素の分泌量が多いかによります

「テストステロンが多いとハゲる」「少ないとハゲる」という説があって混乱してしまいそうですが、これには遺伝による個人差があるため、一概に断言することはできません。
5αリダクターゼの分泌量が人よりも多い方の場合、テストステロンが多いとハゲが進行し、5αリダクターゼの分泌量が人並みの場合、テストステロンが多くてもハゲないのです。

 
 
 

5αリダクターゼの分泌量はどうすればわかりますか?
薄毛の遺伝子検査で判定することが可能です

AGAクリニックで行っている遺伝子検査では、自分がAGA体質かどうかを検査することができます。

5αリダクターゼが分泌されるのは毛乳頭付近と皮脂腺付近です。皮脂がベタベタのオイリー肌の方の場合、5αリダクターゼの分泌量が人よりも多いという予想もできます。

ジヒドロテストステロンは髪を脱毛させる一方で、ヒゲや体毛を太く強くする働きがあるホルモンです。

ヒゲや体毛が濃いなと自覚していて薄毛の不安がある方は、5αリダクターゼの血液検査を試してみてはどうでしょうか?

 

 
 
 

テストステロンが減少する原因は?育毛剤で減るのを抑制できる?

テストステロンはどんなときに減るのですか?
ストレス、老化、不規則な生活が考えられます

強いストレスを感じると、脳はコルチゾールという物質を分泌します。

これはテストステロンを減少させる働きがあるため、ストレスはテストステロンの天敵とも言えます。

加齢による老化もまた、テストステロンを減少させる原因になります。

ただし、女性の場合、加齢によってエストロゲン(女性ホルモン)が減少するためテストステロンが増えていく傾向があります。

1日の睡眠時間が5時間以下だと、テストステロンは15%減少することが分かっています。

ミネラルやタンパク質など、栄養素が不足している場合もテストステロン量が減っていきます

 
 
 

DHTだけを抑制する方法はありますか?
育毛サプリ・育毛剤・医薬品のAGA治療薬で5αリダクターゼは抑制できます

育毛サプリや育毛剤にはノコギリヤシや亜鉛・オウゴンエキスなど5αリダクターゼを抑制する効果がある成分が入っているため、DHTを抑制する方にオススメです。ただし医薬部外品なので、安全ですが効果はゆるやか。

医薬品であるプロペシアの有効成分フィナステリドにも5αリダクターゼを抑制する成分が含まれており、強い効果が期待できます。

ただしこちらは、医師の処方でないと手に入りません。というのも、副作用の恐れがあるからです。

育毛剤や育毛サプリで効果がでなかった人は、無料カウンセリングを受けてから処方してもらいましょう!

 
 

AGAスキンクリニック LP2

 
 
 
 

まとめ:テストステロンは髪の毛にいいけど不摂生や遺伝の影響でハゲホルモンに変化する!

男性ホルモンであるテストステロンには、ハゲ・薄毛と密接な関係があります。

  • ハゲを引き起こす悪玉男性ホルモンDHTは、テストステロンが材料
  • テストステロンが5αリダクターゼによって変換されるとDHTになる
  • DHTが毛乳頭の男性ホルモンレセプターと結合すると、その髪は抜けてしまう

 
テストステロンを減らせばハゲが予防できるというのは間違い。その理由は、

  • テストステロン自体はタンパク質を合成するシグナルとしての働きがある
  • 髪もタンパク質で構成されるため、テストステロンが無くなると細く弱い髪になる
  • 脱毛ホルモンDHTは、テストステロンの生理機能維持効果を強力にした効果がある
  • テストステロン量が減ると、生理機能をいじできなくなるため、DHTの分泌量が増える

 
 
つまり、テストステロン自体は髪に役立つホルモンで、これが減少することでDHTが分泌されハゲが促進されるのです。

  • タバコにはDHTを作り出す5αリダクターゼを呼び出す性質がある
  • 酒の飲み過ぎはDHTを作り出す5αリダクターゼを呼び出す
  • もともと5αリダクターゼを分泌しやすい遺伝形質を持っていると、DHT生産量が増えるだけ

 
このように、増やしたテストステロンがすべてDHTになってしまう可能性があります。テストステロンの量もバランスが肝心。

自分に適したテストステロン量を維持できるように、メンタル・フィジカル共に健康な生活を目指しましょう!

 
 
 
 

AGAスキンクリニック LP2

 
 
 
 
 
 
参考サイト
軽運動は海馬の男性ホルモンを高める・筑波大学
日本メンズヘルス医学界