WordPressおすすめプラグイン(2013年)

2013.09.05 (Thu)

小崎孝雄

WEB制作

WordPressおすすめプラグイン2013

記事の長さに疲れました。制作部小崎です。

普段使用しているプラグインを使用頻度やお役立ち度等を考慮して一覧にしてみました。
中には使用した事もないのも含まれていますが、ぜひ試してみたいところです。
(星マークについて:使用した事がある=★、使用した事が無い=☆)
(最終更新:2013年9月25日)

絞り込み
おすすめ順 開発・制作者向け SEO・ユーザビリティ ソーシャル ページ編集 ページ速度 リビジョン管理 モバイル対応 セキュリティ その他

Page Builder by SiteOrigin  [開発・制作者向け ☆☆☆☆☆]

banner-772x250

すごいのが出てきました。
ウィジェットをページ中(固定/投稿)に簡単に追加できるプラグインです。

ウィジェット選択画面

更に、カラム数の指定ができるので、1行目はウィジェット3カラムで並ばせ、2行目は1カラムで広めに配置といった事も可能です。

ただし、下記の入力画面キャプチャの通り、「Page Builder」のタブが、本文入力場所と切り替える仕様になっているので、通常の本文入力欄との併用は不可でした。

ページ編集画面

ウィジェット機能を持ったプラグインが重宝されそうです。

Advanced Custom Fields  [開発・制作者向け ★★★★★]

Advanced Custom Fields

WPの更新をお客様自身で簡単に行えるように、ページの編集画面にカスタムフィールドを使用する事が多々ありますが、このプラグインはそのカスタムフィールドを更に扱いやすくしてくれます。

具体的には、「特定のページ」「特定のカテゴリ」「特定のテンプレートを使用しているページ」等の条件に一致したページの編集時のみ、カスタムフィールドを使用した編集画面…簡単に言えば、そのページorカテゴリ専用の編集フォームを表示させ、htmlに慣れていないお客様でも、フォームに沿って入力するだけで簡単にページを作成できます。

最近ではこのプラグイン無しではWP案件の納品は出来ない。と言っても過言ではないかもしれませんがどうですかね。はてさて。

Advanced Custom Fields: Repeater Field  [開発・制作者向け ★★★★★]

更に、このオプション機能(別途有償)を追加する事で、繰り返し入力の機能が強化されます。

Custom Post Templates  [開発・制作者向け ★★★★★]

固定ページや投稿ページの作成時に、使用するテンプレートを選択できるプラグイン。

「Advanced Custom Fields」と組み合わせて使用する事で構築の幅が広がります。

別途テンプレートを作成する必要がありますが、このプラグインも、Advanced Custom Fields 同様にカスタマイズにかかせません。

Custom Post Type UI  [開発・制作者向け ★★★★★]

投稿ページを「カテゴリ」「タグ」以外の方法で分類分けする方法として、「カスタム投稿」や「カスタム分類」=「カスタムタクソノミー(噛みそう)」があります。

簡単に言えば、同じ投稿ページでも「お知らせ情報」と「セミナー情報」で投稿の入り口を分けて、それぞれ異なる投稿フォームを使用したり、異なる表示をさせる事もできます。

そんな便利なプラグインです。

WP No Category Base  [開発・制作者向け/SEO・ユーザビリティ ★★★★★]

WPのカテゴリのURLから「category」という文字列を”手軽に”抜き去ってくれるありがたいんプラグイン。

例えばこのページなら、
https://www.brain-solution.net/category/blog/web-product/wp-best-plugins-20130905/
となるところを、
https://www.brain-solution.net/blog/web-product/wp-best-plugins-20130905/
としてくれます。

そんな便プラ。

Akismet  [セキュリティ/デフォルト ★★★★★]

Akismet

WordPressに初期から入っている、コメントスパム対策のプラグイン。
オンラインで常に最新のスパム情報でチェック可能です。

更に、フォームプラグイン「contactform7」との連携もできますので、スパム対策のお供にどうぞ。

TimThumb Vulnerability Scanner  [開発・制作者向け/セキュリティ ★★★★★]

画像リサイズに役立つライブラリ「TimThumb」ですが、古いものには脆弱性が指摘されています。

主にテーマやプラグインで使用されている事がありますが、この(TimThumbの)脆弱性を簡単にチェックしてくれます。

WP Multibyte Patch  [開発・制作者向け/デフォルト ★★★★★]

説明の必要もありませんが、日本語サイトの構築の際には必ず有効にしています。

WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。英語圏で作られた WordPress を日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能を網羅していますので、なんらかの対策を行っていない場合は導入をおすすめします。

WP SiteManager  [開発・制作者向け/SEO・ユーザビリティ/デバイス切分け ☆☆☆☆☆]

WP SiteManager

このプラグインは使用した事がないのですが、「サイトマップ」「パンクズ」「ページング」「サブナビゲーション」「meta」等を統合管理できます。

当ページでご紹介している「PS Auto Sitemap」「Breadcrumb NavXT」「WP-PageNavi」「All in One Sub Navi Widget」「All In One SEO Pack」を使用せずに、こちらのプラグインで一元管理したほうが良いかもしれません。

更に、「PC」「タブレット」「スマホ」等のデバイスによって、使用テーマを切り分けることができます。

All In One SEO Pack  [SEO・ユーザビリティ ★★★★★]

サイト共通、ページフォーマット別、または、各ページ毎に、metaの「title」「description」「keywords」「robots meta(index/noindex follow/nofollow)」等を設定できます。

最近では正直あまり使用しない事が多いのですが、入れておいて損は無いので必ず入れています。

Breadcrumb NavXT  [SEO・ユーザビリティ ★★★★★]

Breadcrumb NavXT

手軽にパンクズを表示させる事ができるプラグイン。

こちらも必ず入れています。

Add css to post  [ページ編集 ★★★★]

投稿・固定ページの編集画面にCSSに記入欄を追加する事ができます。

特定のページだけちょっとCSSをいじりたい時、手軽にCSSを編集できます。

AddQuicktag  [ページ編集 ★★★★]

あらかじめ登録したhtmlタグやショートコード(テキストなら何でも)を、ページ編集画面のボタン一つで入力してくれるプラグイン。

「あー、またこのHTMLの入力か。。」という内容をポチっと入力できます。
めんどうくさがり効率派の方へ。

All in One Sub Navi Widget  [開発・制作者向け ★★★]

All in One Sub Navi Widget

ページやカテゴリ別に異なるローカルナビゲーション(サブナビゲーション)をウィジェットに表示させる事ができます。

具体的には「投稿タイプ〇〇(カスタムタクソノミー含む)の新着の5件を表示」「表示している子カテゴリの新着10件を表示」等

AntiVirus  [セキュリティ ★★★★]

AntiVirus

WPのテーマに、ウィルスやバックドアが含まれないかチェックをしてくれるプラグイン。

異常を検知した時にあらかじめ登録したメールアドレスに知らせてくれる機能があります。

ただし、かなり厳しくチェックされるらしく、異常がないものでも引っかかる場合があります。その場合は「このファイルは異常ありませんよ」とボタンポチっと処理する事で対応できます。

ただし、ごく最近ですが、WPで構築したサイトの改ざんや乗っ取りが騒ぎになってますので、下記の手動での対応をお勧めいたします。

  • wp-config.phpのパーミッション(400 > 404、600 > 604)
  • .htaccessのパーミッション 604
  • アカウントに「admin」を使用しない
  • アカウントの「id」と「passowrd」を同じにしない
  • WPのバージョンを最新にする
  • プラグインのバージョンを最新にする
  • 怪しいテーマを使用しない

※ サーバによって異なり動かない場合もありますので、サーバ会社の推奨をご確認ください。

Contact Form 7  [開発・制作者向け ★★★★]

ContactForm7

フォームを簡単に作成できるプラグイン。

指定したページにタグ(ショートコード)を埋め込めば、そのページにフォームができあがります。

自動返信メールの機能や、別途作成したサンクスページへのリダイレクトも行えます。

Contact Form 7 Honeypot  [開発・制作者向け/セキュリティ ★★★★]

Contact Form 7 用のスパムロボット対策プラグイン。

フォームの入力フィールドに片っ端から入力させていくスパムロボットを逆手に、罠の入力フィールドを作成し、そこに入力があった場合にスパム扱いとします。

全てというわけにはいきませんが、多少は軽減できます。

Contact Form 7 Modules: Hidden Fields  [開発・制作者向け ★★★★]

Contact Form 7 Modules

Contact Form 7 用の「hidden」フィールドを追加できるプラグイン。

Duplicate Post [ページ編集 ★★★★]

Duplicate Post

既に投稿済の記事を基にして、複製する事ができるプラグイン。

同じhtmlの内容で、テキストだけ差し替えて複製。といった作業時に便利です。

Dynamic To Top [開発・制作者向け/SEO・ユーザビリティ ★★★★]

Dynamic To Top

「ページの先頭へ戻る」ボタンを簡単に設置できます。

配置位置やデザインの微調整もできます。

Tweet, Like, Google +1 and Share [ソーシャル ★★★★]

Tweet, Like, Google +1 and Share

「ツイッター」「Facebook」「Google +1」のソーシャルボタンを簡単に設置できます。
その他、「はてブ」等加えたいボタンのソースを任意で設定する事もできます。

大きさの切り替えや位置・表示順番設定等、細かい調整も可能です。

WP-PageNavi [開発・制作者向け/SEO・ユーザビリティ ★★★★]

Googleのページナビゲーションのような、ページ切替機能を実装できるプラグイン。

「WP PageNavi Style」と合わせて使用すればデザインの調整も簡単に行えます。

Wp Pagenavi Style [開発・制作者向け ★★★★]

WP PageNavi Style

「WP-PageNavi」のページングプラグインのデザインを簡単にカスタマイズできるプラグイン。
セットでいかがですか。

Google XML Sitemaps [SEO・ユーザビリティ ★★★★]

Google XML Sitemaps

XML形式の検索エンジン向けSitemapを簡単に出力できます。

ページ追加やURLが変更の度に、管理画面で更新する必要がありますが、手作業で作成する工数の比ではありません。

PS Auto Sitemap [SEO・ユーザビリティ ★★★★]

PS Auto Sitemap

サイトのサイトマップを自動表示する事ができるプラグイン。

XML形式のSitemapではなく、ページのリンク一覧を出力してくれます。
また、特定のページを除外する事もできます。

デザインもあらかじめ作成されている中から選ぶことも出来るし、自分でCSSでカスタマイズもできます。

Yet Another Related Posts Plugin [開発・制作者向け/SEO・ユーザビリティ ★★★★]

Yet Another Related Posts Plugin

Aのページに関連するページを、Aページの中に表示してくれます。

「リスト型」「サムネイル」「カスタム」から表示方法を選べます。また、出力するHTMLのタグも管理画面で変更可能です。

CCC(Check Copy Contents) [面白 ☆☆☆☆]

Check Copy Contents(CCC)

使ったことはないですが面白いプラグインだったのでご紹介。

最近では、読んだ記事をツイッターやFacebookなどに投稿することが多くなりました。
また、記事を引用をして、ブログの記事を書くということも増えました。

しかし、そのブログ記事の書き手からすれば、興味を持ってもらったという事なので嬉しいのですが記事のどこの箇所をコピーされたのかは分かりません。
検索をしまくれば分かるかもしれませんが、そこまでの労力はかける程ではありません。

そこで、ブログ記事のどこがコピーされたのかが分かるWordPressのプラグインを作ってみました。
誰かが、あなたのブログの文章をコピーしたら、そのコピーされた箇所とページのURLを、こっそりとあなたにメールで通知します。

名前はCCC(Check Copy Contents)としてみました。

WordPress:誰かが記事をコピーしたら教えてくれるプラグインCCC(Check Copy Contents)を作ってみた。
Check Copy Contents(CCC)がWordPress公式で配布されました。

Table of Contents Plus [SEO・ユーザビリティ ☆☆☆☆]

Table of Contents Plus

記事の目次を、h1~6の見出しタグを基準に、自動生成してくれるプラグイン。

このページのような目次に、リンクを付けて表示させたい時、自動で生成してくれます。

DB Cache Reloaded Fix [ページ速度 ★★★]

WPは動的にページを生成するので、サイトへのアクセスが集中すると、DBへのクエリ数・負荷が大きくなり、表示スピードが遅くなったり最悪サーバが停止したりします。

このプラグインはDBへのクエリの出力結果やその内容をキャッシュして、その負荷を減らすことができます。

Quick Cache [ページ速度 ★★★]

こちらはページのキャッシュを使用して表示を高速化してくれるプラグイン。

効果はかなりあるのですが、キャッシュが利いてソーシャルボタンの数値がすぐに反映されなかったり…といった事もありました。

WP Hyper Response [ページ速度 ★★★]

キャッシュではない方法でページの表示速度を早くしてくれるプラグイン。

通常、WordPressは DOCTYPE宣言 から /html まで全てバックエンドに書きこみ終わってからブラウザに送信しますが、flush() 関数を使うとその時点で一旦ブラウザに送信します。
そのため、通常であればWordPress側で演算が終わるまで待たなければいけないのですが、このプラグインを使うことにより待たずに済みます。

※flush()の効果はcssやjsを並行作業で読ませることで体感速度を向上させます。ただし、gzip使った時と比較して接続から切断までの時間が長くなるので、webサーバーがプロセスを大量につくってしまいます。

※大量のアクセスがあるサイトではサーバの負荷が増えてしまうようです。

Revision Control [リビジョン管理 ★★★]

WPのリビジョンはどんどん溜まっていき、DBが肥大していきます。

このサイトの様に、複数のスタッフがブログ投稿していくとその数は…計算できませんが、かなりなものです。

そんな時はこのプラグイン。
あらかじめ設定したリビジョン数以上の過去のものを削除してくれますので、「最新の5リビジョンのみ残す」といった事ができます

Disable Revisions and Autosave [リビジョン管理 ★★★]

リビジョンなんていらん」「オートセーブ機能もいらん
そんな時はこのプラグインで無効にできます。

因みに、wp-config.php の修正でもできます。

define('WP_POST_REVISIONS', false ); //リビジョンの無効化
define('AUTOSAVE_INTERVAL',3600); //オートセーブの保存間隔3600秒(厳密には無効化ではないが実質無効化) 

Disable WPAUTOP [ページ編集 ★★★]

自動で入る「p」タグなんか邪魔だ
そんな場合にはこのプラグイン。

ビジュアルエディタでおかしな箇所に記述される「p」が許せないHTML派の方にはかかせません。

WPtouch [モバイル対応 ★★★]

手軽にスマホ表示を実現してくれるプラグイン。

WPでブログを構築している場合には良いのですが、コーポレートサイト等の場合どうしても限界を感じます。

手軽に実装したい場合におすすめです。

Ktai Style [モバイル対応 ★★★]

手軽にガラケー表示を実現してくれるプラグイン。

こちらも「WPtouch」同様に、ブログサイト以外には限界を感じますので、コーポレート等のWebサイト向けにはそれなりのカスタマイズが必要になります。

RSS Antenna [制作・開発者向け ★★★]

外部サイト(内部サイトも可)のRSSを取得して、記事の一覧を表示させる事ができます。

ブログは外部のシステムを使用していて、そこの新着記事を表示させたい時等に便利です。

RV Embed PDF [ページ編集 ★★★]

「Google Docs」を経由して、PDFの内容をページ中に簡単に表示(iframe)する事ができます。

TablePress [ページ編集 ★★★]

TablePress

WPのページ編集画面でtableタグを使用したい時、セルの結合等を考えると難しい事があります。

このプラグインはDreamweaverのように(むしろそれ以上に)Tableタグの操作を行えます。

各セル毎に入力フィールドが表示され、セルの結合等もボタンで行えますので、お客様自身でTableタグを操作したい時に便利です。

TinyMCE Advanced [ページ編集 ★★★]

TinyMCE Advanced

ビジュアルエディタをさらに便利にします。

各ボタンの「配置」や「表示・非表示の切替」も設定可能なので、使わない(または使って欲しくない)ボタン等の整理もできます。

User Role Editor [制作・開発者向け/セキュリティ ★★★]

User Role Editor

WPには「編集者」「投稿者」「寄稿者」「購読者」の4つの権限があり、各権限毎にWPで行える内容が異なります。

この権限を細かくカスタマイズ(追加)できるプラグインです。

「テーマの切り替えは自由に行えるが、プラグインは触れないようにしたい」等、融通がききます。

WP External Links [制作・開発者向け ★★★]

WP External Links

このページでもそうですが、外部サイト等のリンクには「target _blank」を指定して、新しいウィンドウで開くようにしています。

その外部リンクの指定を自動で行ってくれるプラグイン「WP External Links」

外部リンクの基準は「外部ドメイン」ですが、共有(共用)SSL等を使用している場合は通常リンクで表示したい事があります。

そんな場合でも設定次第で、特定のドメインは通常リンクで表示したりもできます。

WP Maintenance Mode [制作・開発者向け ★★★]

ログインユーザ以外にメンテナンス画面を表示させる事ができます。

サイトの緊急メンテナンスが必要な時に役立ちます。

タイトルやテキストやcss等細かい設定もできます。

RSS Includes Pages [制作・開発者向け/SEO・ユーザビリティ ★★★]

RSSフィードは通常では、投稿記事しか反映されませんので。固定ページの更新もRSS配信したい場合にプラグインを入れるだけで実現できます。
固定ページの更新が多いサイトにおすすめです。

Feed Template Customize [制作・開発者向け/SEO・ユーザビリティ ★★★]

RSS・ATOMのフィードのテンプレートをカスタマイズできます。
通常のRSS設定では、投稿記事しか反映されませんので、このプラグインを導入してごりごりと自由にカスタマイズできます。

Redirection [開発・制作者向け/SEO・ユーザビリティ ★★★]

301リダイレクトをプラグインで実現できます。
ただし、パーマリンクの変更を頻繁に行っていると無限ループにはまってしまう事も。

Simple Tags [開発・制作者向け/SEO・ユーザビリティ ★★★]

タグの管理の他、関連記事の表示機能もございます。

入力されたタグを基準に関連付けされますです。

また、metaへのキーワード(タグ)自動挿入や、タグクラウドの表示機能もございます。

Dashboard Notepad [制作・開発者向け ★★★]

WPのダッシュボードにメモを記入できるプラグイン。

WPの管理や運営を複数人で行っている時の情報共有や、管理者のメモ(備忘録)として役立ちます。

タグ
更新をチェック

Facebookでフォローする

関連記事
この記事を書いた人

小崎孝雄 役員 ( 専務取締役 )

腹回りが気になる今日この頃。Web制作全般~Wordpressの構築を中心に奮闘中。
趣味は、音楽鑑賞・ドラム・映画鑑賞・スノーボード・ひとりたび・猫。

小崎孝雄 役員 ( 専務取締役 )

腹回りが気になる今日この頃。Web制作全般~Wordpressの構築を中心に奮闘中。
趣味は、音楽鑑賞・ドラム・映画鑑賞・スノーボード・ひとりたび・猫。

バックナンバー
  

更新をチェック

ブレインネットプレス カテゴリー

▲ページTOPへ